『男気万字固め』 吉田豪 /

オトコギは、デリケート。

吉田豪による、男気あふれる5人のロングインタビュー。
彼は取材相手のエピソードを本人よりも熟知&リスペクトしているため、この本は、自慢の友人を第三者に紹介する時のような至福の突っ込みと「ダハハハ!」というイノセントな笑いに満ちている。

5人の顔ぶれは山城新伍、ガッツ石松、張本勲、小林亜星、さいとう・たかをという濃厚さ。私は彼らに関しても男気に関しても詳しくなく、どれも似た内容なのだろうとタカをくくっていたところ、それぞれが異質の輝きを放つ「珠玉の男気コレクション」に仕立てられていた。男気とは、男気あふれる男の数だけあるのだ!

結論としては、恋人にするならさいとう・たかを、結婚するなら張本勲、友達としておつきあいするなら断然ガッツ石松である。個人的な趣味ですが。

さいとう・たかをの理屈っぽい体育会系な生き方には痺れた。小学生のころ、なぜ1+1が2なのかと考えているうちに「そんなもの2と解釈するのはおかしい」と思い至るのだが「それは理屈っぽさじゃなくて、自分では素直さだと思っています」だってさ。茶色い紙にしか絵が描けなかった中学時代は、白い紙を手に入れるため進駐軍の倉庫を襲撃したというし、「(いまは)子供なんか信号が赤だったら車通らなくてもじっと止まってるでしょ。あれは知恵がなくなっていく形ですよね」なんていう。私はルールを守らない男が好きなんだ、とこの本を読んで気付いてしまった。

取材時の雰囲気や原稿チェックの量など、舞台裏や後日談を暴いているのが面白い。大物漫才師へのインタビューは「武勇伝や下ネタ、ついでにボクのツッコミも削除するという大幅な原稿チェックが入ってしまった」ため掲載を断念したというし、雑誌連載時に大好評だった某大物インタビューは、本人の希望で単行本への採録許可が下りなかったそう。この2人って誰?という疑惑は、水道橋博士が解消してくれた。

「語り下ろし取材の"暴走戦車"西川のりお編は、本人の希望で収録出来なかった。これは俺も気になって、テレビ局の楽屋で、のりおさんにこの話を振って見た。『師匠、どうしてあのインタビューをボツにしたんですか?』『いや、あのインタビューは誘導が多すぎるよ。あの取材、アイツの知っている結論を言わせるためにやってるみたいやろ』と。しかし、のりお師匠には悪いが、まさにそこが吉田豪の聞き手としての真骨頂であるのだ。自分が答えを知っているアンサーを引き出すため、古本を漁り、言葉を駆使して本人に検証する~この方法論に於いて、吉田豪は並々ならぬ達人なのである。さらに連載時に驚愕した"百獣の王"畑・ムツゴロウ・正憲編が、諸事情によりムリダロウと、不掲載になった。掲載号を読み返すと、本人が『なんでそこまで知っているの?この取材は最高に嬉しいね~』と上機嫌で乗りに乗りまくって答えた、名作中の名作である。しかし、畑氏も、さすがに冷めて読み返してみると、パブリックイメージと差がありすぎ、度が過ぎたと思ったのであろう」< 水道橋博士の「本と誠」>より

某男気系ライターは、吉田豪がパンクラスを徹底してヤユし続けていたことから「彼の印税収入には協力しない(キッパリ)」と言っていたが、男気の世界とは、ものすごくデリケートなバランスの上に成り立っているものなんだなと思う。

No sunshine but has some shadow.(影を生まない日差しなし)という諺もあるように、敵をつくらない笑いなんて面白くないし、波乱のない愛なんて信じられない! この本は、吉田豪を含む6人の男気が織り成す「愛と情熱と演技」が楽しめる。
2002-07-15