「Paintings」ロバート・ボシシオ(@104 GALERIE)





見ることは、信じること。




ロバート・ボシシオ(Robert Bosisio)は、北イタリアのトローデナ出身で、イタリア、ルーマニア、ドイツを拠点に制作活動を続けている画家。新作の人物画を中心とした日本初の個展が、104GALERIE104GALERIE-Rで開かれた。作品も、展示されているギャラリーの空間も、めちゃくちゃかっこいい。

淡い記憶を呼びさます、水のようなスフマート。素材をていねいに重ねたのであろうこれらの作品は、シンプルな写真のようでもある。近いようで遠く、はかないのに強い。ここではなく、どこか別のところにあるんじゃないか?と思わせる、つかみどころのない、かけがえのない存在。どこから見ても、そのまま美しい。

ロバート・ボシシオは、映画監督のヴィム・ヴェンダースの妻であり写真家のドナータ・ヴェンダースと一緒に何度か展覧会をやっているようで、ヴィム・ヴェンダースも図録などに、彼の作品についての文章を寄せている。

「多くの絵は、その美しさを理解するために後ろに下がり、目を細めて見ることを要求する。そうして初めて、絵は真実をあらわすのだ。しかしRobert Bosisioの絵を見るとき、後ろに下がる必要はない。Robertは私たちのために、それをやってくれた。彼は、私たちが半分目をとじて見る世界を描いた」

Some paintings oblige you, the viewer, to step back and to squeeze your eyes,so that you can see their beauty shine. Only in this way do they reveal their truth. Facing the paintings of Robert Bosisio we don’t have to step back. Robert has done that for us. He has painted what we see through half-closed lids.
SEEING IS BELEVIENG,2010 by Wim Wenders



2018.03.23 (Fri) - 2018.05.20 (Sun)


2017年文庫本ベスト10


●まっぷたつの子爵(カルヴィーノ/河島英昭訳)岩波文庫

●その犬の歩むところ(ボストン・テラン/田口俊樹訳)文春文庫

●ねじの回転(ヘンリー・ジェイムズ/小川高義訳)新潮文庫

●船出(ヴァージニア・ウルフ/川西進訳)岩波文庫

●空白の絆 暴走弁護士(麻野涼)文芸社文庫

●ゴールデン・ブラッド(内藤了)幻冬舎文庫

JIMMY(明石家さんま)文春文庫

●子供の死を祈る親たち(押川剛)新潮文庫

●あるがままに自閉症です(東田直樹)角川文庫

●働き方の教科書(出口治明)新潮文庫



2017-12-30

2017年単行本ベスト10


●最愛の子ども(松浦理英子)文藝春秋

●ふたご(藤崎彩織)文藝春秋

●ドレス(藤野可織)河出書房新社

●ハッチとマーロウ(青山七恵)小学館

●世界のすべてのさよなら(白岩玄)幻冬舎

●わたしたちは銀のフォークと薬を手にして(島本理生)幻冬舎

●Very LiLyLiLy)幻冬舎

●影裏(沼田真佑)文藝春秋

●末ながく、お幸せに(あさのあつこ)小学館

●成功者K羽田圭介)河出書房新社



2017-12-30

2017年邦画ベスト10


●天国はまだ遠い(濱口竜介)

●夜空はいつも最高密度の青色だ(石井裕也)

●リングサイド・ストーリー(武正晴)

●南瓜とマヨネーズ(冨永昌敬)

●君の膵臓をたべたい(月川翔)

●あヽ、荒野(岸善幸)

●ちょっと今から仕事やめてくる(成島出)

●バンコクナイツ(冨田克也)

22年目の告白(入江悠)

3月のライオン(大友啓史)



2017-12-30

2017年洋画ベスト10


●もうひとりの男(パオロ・ソレンティーノ)*日本初上映

●希望のかなた(アキ・カウリスマキ)

●笑う故郷(マリアノ・コーン/ガストン・ドゥプラット)

●台北ストーリー(エドワード・ヤン)*日本初公開

●わたしは、幸福<フェリシテ>(アラン・ゴミス)

●立ち去った女(ラヴ・ディアス)

●パターソン(ジム・ジャームッシュ)

●たかが世界の終わり(グザヴィエ・ドラン)

●マンチェスター・バイ・ザ・シー(ケネス・ロナーガン)

●ノクターナル・アニマルズ(トム・フォード)



2017-12-30

「早稲田文学増刊『女性号』」責任編集  川上未映子





「未映子さん、ありがとう。」




故人や海外作家を含む82名の女性が参加した556ページ。小説だけじゃない。エッセイあり、論考あり、対談あり、アート作品あり。詩、短歌、俳句の多さも特筆すべきだ。

いまどき、ありえない大きさと分厚さがいい。電車の中で読むにはふさわしくないけれど、そばに置いて、少しずつぱらぱら読んでみたくなるオブジェのような魅力を備えている。

なぜ女性ばかりを集めた?という意味も含めて面白い。「フェミニズム」という言葉に魅力を感じる人も、嫌悪感を覚える人も、「女性」という言葉に抵抗がなければOK。これはエポックメーキングな素晴らしい本だ。

1126日、刊行記念シンポジウムが早稲田大学戸山キャンパスで行われた。
●穂村弘+川上未映子「詩と幻視~ワンダーは捏造可能か」
●桐野夏生+松浦理英子(司会:市川真人)「孤独感/疎外感 と 書くこと」
●市川真人+紅野謙介+河野真太郎+斎藤環「女性とその文学について男性として向き合うことの困難と必然」
●上野千鶴子+柴田英里(司会:川上未映子)「フェミニズムと『表現の自由』をめぐって」

呼ばれた理由の違いからくるのであろう言説の違いが色濃く見えて興味深かった。
●穂村弘さんによる「女性号」収録短歌の解説は感動レベルだった。
●桐野夏生さんと松浦理英子さんの多作ディストピアVS寡作ユートピア対談は「女性号」に収録されるべきものだったかもしれない。
●男性4人の対談には違和感があり、「男性号」を編んでもつまらないであろうことを想像させた。「女性号」を語るのに男性のみというのはどうなのか?川上未映子さんが入るべきだったのでは? しかし、紅野謙介さんは空気を読むのが上手な方のようで、「女性号」の誕生を祝福する場であるという役割を理解し、全うされていた。モテるおじさまというのは、こういう人のことだ。
●1984年生まれの柴田英里さんが、1948年生まれの上野千鶴子さんに食ってかかっていたのには本当に驚いた。アーティストならではの大胆不敵な勇気といえよう。上野さんは、それを完璧に受け止め、観客が求めている回答を短時間に美しく落ち着いた声ですべて言い切るという離れ業をしなやかに完遂。毒舌からの教示と励まし、そして、川上未映子さんへのラストの祝辞は、関係者を泣かせたほどだ。

というわけで、川上未映子さんをリスペクトするとともに、紅野謙介さんと上野千鶴子さんのマナーとふるまいに感激したシンポジウムだった。川上未映子さんに同行していた夫の阿部和重さんのふるまいも素敵で、特別な一日になった。

2017-11-26